くすんだ街で。

くすんだ色が好きだ。
雨が降る前触れの空気とか。
ゴロゴロ言ってる空模様。
無機質な街、人の気配が無い街で、ひとつだけ存在感を放つ存在がいる。
若しくは
ごちゃごちゃと人間臭い街において、唯一存在感のないもの。
すこしずれた世界からやってきた旅人。

そんなものにとても惹かれます。
小説なら、マジックリアリズムといわれるジャンルが好き。
普通の日常を過ごしていたはずなのに、ある時ふと冷静に周りを見回してみると、
すこしずれた世界に迷い込んでいるような。
パラレルワールドとかもすごくそそられる世界です。

そんなことばかり考えながら絵をかいてるもんだから、(願望を絵の中でかなえようとしてるのかも)
自然、そういう絵の設定になりがちです。

今書いてるのも、自分の中にある一つのお話の一部分を切り取った絵です。
今年もしデザフェスに出店できるなら、一つの本として販売したいなあ。

今日は、その制作過程でもアップしようかと。
独学なので、たぶん全然正規の方法とは違うんだろうけど・・・

DSC_0398_20120810181232.jpg
まずは、下書き段階。
つぎに、水彩絵の具で色をつけます
DSC_0399.jpg

絵具が乾いたら、丸ペンで点描を打ったり、線を書き加えていきます。
DSC_0401.jpg
ここからが大変です…。
点描打つのって楽しいけどめちゃめちゃ時間かかるんだよね…。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【くすんだ街で。】
くすんだ色が好きだ。雨が降る前触れの空気とか。ゴロゴロ言ってる空模様。無機質な街、人の気配が無い街
  • 2012/10/26 20:59
  • URL
まとめ【くすんだ街で。】
くすんだ色が好きだ。雨が降る前触れの空気とか。ゴロゴロ言ってる空模様。無機質な街、人の気配が無い街
  • 2012/10/26 20:59
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。