鏡の迷宮

ごめんなさい、最近の記事は全くと言っていいほどものづくりとは関係ありません。

これからの四半世紀がこの半年弱で決まるのかと思うと
なんだか身動きがとれません。常に焦燥感に駆られていて、
関係ないことをしていると、「そんなんじゃ後悔するぞ!」と
頭の中の私が急き立ててきます。

正解が存在する分、受験のほうが楽なんじゃないかなんて愚痴りたくなる始末。
自分の大事なことに関しての闘争心は人一倍強いはずなのに、圧倒的な数字の前でただただ竦んでいます。

maze


まるで、鏡の迷路に迷い込んだように、人生に迷ってるなーと。
ああ、私はどういう人間なんだろうか。
自己分析をすればするほど自分のことがわからなくなっていく。

先日、ゼミのOBさんたちと飲む機会があって、
ESも添削してくれるとのことだったので、強みなんかを書いて持っていきました。

ない中で絞り出した自分の強味を「好奇心」「行動力」なんかで表して持って行ったのですが、

「別に君のES読む限りは好奇心旺盛だとか、行動力があるなーなんてひとかけらも感じないよ」

と言われてしまいました。

OBさんの前なのに、楽しい酒宴の席なのに、半泣き。
じゃあ、わたし、何を売り出してけばいいのさー;;
確かに、わかるんです。今までの生い立ちはその辺の就活生より数奇だとは思うし、
それは行動力と表せるかもしれない。でも、
行動したくてやってるというか、成り行きで、振り返った結果、
「結構、行動してたんだな」
とか、好きなことをやった結果、
「他人から見たら好奇心旺盛に見えるかもな」
というたぐいのもの。

それはあくまでオプションであって、それを主体として動いてきた人生ではない。
では、原動力ってなんなのか。。。。

わからなくなって、洗いざらい、いままでおこった人生のこと、OBさんに話しました。
そしたら一言
「rokaちゃんは、『何かを表現したくて、それをほかの人に見て貰いたい、認めてもらいたくてたまらない!!』って感じがする。行動力や好奇心って、自分を表現するためならどんな苦労も厭わない、のどんな苦労の部分が
たまたまそういうアクションだっただけって感じがするよ。君はその尖った自分を前面に出していったほうが、
面白い。」
と、言われました。

なんだか、目から鱗が数年ぶりにぽろり。

ああ、私ってそうだったんだ。
すべての原動力は自分を表現したい部分にあったんだな。

「独りよがりを人に共感させる力」

が私のつよみなのかな、となんとなく自分がつかめました。

飲み会、いってよかったな。

まだ、鏡の迷宮の中をさまよってはいます。
自分という人間が果たして会って数時間の人に解れるほど単純なものなのか。
それはそれで悲しいし。

でも、なんだか一筋の光明が射した気がします。
ちょっと、頑張ろうって思えた。

私の悪い癖は、すぐネガティブにもってきそうになること、
とも言われた。
驕らず、媚びず、ひねくれず。
そんな人間になりたいです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。