ポストカードその3

securedownload.jpg

こちらもデザフェスに出展したポストカードです。
ちょっと路地裏とは関係ない、草原のようなところをイメージして書いたものですが、
うら淋しい感じは出ていると思います。

ああ、もうすぐ印刷会社との締め切りの期限だーーーどうしようーーー
と、やけくそで書いたこちらですが、これが一番売れたという皮肉。
わからないものですねえ。

ほんとは白い部分もちびこいたけのこの山みたいなやつで埋め尽くしたかったけど、
時間が間に合わず白紙のままという、、、皆さんにお渡しする時には、一枚一枚点描で埋めました。
この、たけのこの山が地味に気に入っています。w
スポンサーサイト

デザインフェスタからかえってきたよ。

こんばんわ。ケータイをトイレに落として、あせって機種変更したroka.です。
このブログを見ている方で、連絡先を知っている人はメールをください><
アドレスはそのままなので、送れるはずですー。

さて。デザインフェスタ、行ってまいりました。
なんだか、とっても疲れた・・・。人にものを見せる+買ってもらうって、
あんなに精神力のいることなのですね。じっとブースの前に座っているだけなのに、
終わった後打ち上げもできぬほどに疲れてしまいました。。。

でも、出店したからこそ得られたものや反省点もたくさん見つかりました。
それを生かして、次も参加できたらいいなあと。

今回は3種類のポストカードしか用意できなくて、ほんとにこんなの売れるんだろうか・・・
ってかなり不安だったんですが、同じようにペン画をなさっている方や、神戸でお菓子作りをなさっている
方なんかがほめてくださって、なんだか気持がほっこりとしました。
こんなでも、良いっていってくださる方がいるんだ・・・と、なんだか泣きそうなくらいうれしかったです。

あまり他のブースは見に行けなかったんだけど、ちょろちょろと他の方の創作物を見ていると、
なんだか頭の隅っこのあたりがむずむずしてきて・・・

「ああ、私だったらここはこうしたいな!」

「すっごい素敵だな。こういうのってどうやってつくってるのかな」

なんて考えだしたら止まらなくて、ああああれもしたい、これもしたい、もっとしたいもっともっとしたいーーーー
と、ブルーハーツな心境に陥っておりましたww

絵ももっとたくさん書きたいな。

たくさんいろんなもの作りたいな。


一緒に出店したmihuiも健闘していました。
手伝ってくれたAっちゃん、S太くん、本当にありがとう!
そして、私の絵を気にとめてくださった方々、本当にありがとうございました。

私の絵で、少しでもほんわかしていただけたら幸いです。


roka.


デザフェス用ポストカード

お久しぶりです。
学校の活動で、上海に行っておりました。
上海は、なんとも言えない街だった・・・。
その話はのちほど。

ついに「デザインフェスタ2011秋」まで一週間を切りました。
緊張ですでに疲れてしまっているrokaです。

今回は初めてなので、友人と一緒に出店することになりました。
友人は「mihui jewelry]というアクセサリー作家をしています。
同じ大学の、サークルともだち。サークルは全く別のことをするサークルなのですが、
なぜかモノづくりスピリットで意気投合ww

なにかを創作する人って、独特のオーラを持っているような気がします。
それが、自分の幸せな感情をみんなにもおすそ分けしたいというものから来ていたり、
はたまた、普段抱え込んでいる鬱屈とした何かを作品にぶつけて世間に知ってもらう手段だったり・・・

私の場合は大部分が後者の感情で書いているんですけどねw
「暗いから落ち着く」というのは世間的にダメなのかもしれないけど、
(就活生だからひしひしと感じるのです。
世間的に、元気で明るくはきはきとした人間が求められているのだと・・・!)

私の作品の中では、暗くてもやもやとつかみどころのない人のほうが優遇されるのです。
そういう世界なのです。
でも、痛いのや怖いのは嫌いだよ!血とかは出ないよ!!

彼女の作品は前者になるのかな。
アクセサリーがすきだあああああって気持ちがよくわかるし。
とにかく一度見てみてください。




さて、日にちも迫ってきて、印刷会社から、「試し刷りができたよー」とのお達しがきました。
試し刷りなので1種類だけなんですけど、スキャンしてみたのであげておきます。
スキャンすると、白がかってしまい、実物とは感じが変わってしまいますね。。。かなしい。
こちらは、色ありバージョンと色なしバージョンで20枚用意するつもりです。

会場に来られる方がいらっしゃったら、もし気が向いたらお立ち寄りくださいまし。

ではー。

roka.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。