粕汁談義



「…うん、小国日本だとばかり思ってたけど、色んな味の違いがあるんだね。」
「これが…文化の違いってやつか。」
気を使ってか「まずい」とは言わないものの、東北二人組が美味しいと思っていないのは明らかだった。
ガリクソン宅での夕餉時。ガリと同期のS先輩を招いて、何か作ろうという話になったのだ。
とても寒い日だったので、あらかじめ私の中で献立の一つはもう決定済みだった。
そう。こんな寒い日は粕汁でほっこり温まるのが一番体にいい。
粕汁にしよう、と提案すると、東北出身の二人は「粕汁?」とハテナ顔だった。
そうか、粕汁って関西だけの食べ物なのかな。東北にはないものなのか。
「甘酒なら飲んだことあるけど…大体、酒粕というものの存在すらしらなかった。」というガリクソン。
「でも、食べたことないものってわくわくするよね!楽しみだなー。」とS先輩。
 期待されれば、作り甲斐もあるというもの。腕によりをかけて(って言ってもトン汁に酒粕を溶いただけだけど)作って、
どきどきしながら待った二人の反応が冒頭の、なんともいえない答えだったのである。

「あ、なんかご飯がすすむ味だね…。」そう言いながら、ご飯ばかり食べて一向に粕汁が減らないガリクソン。
普段なら痩せの大食いで必ずおかわりするS先輩も、一杯飲んだだけでおかわりなし…。

なんだか腹が立ってきて、寸胴鍋一杯に作った5杯分を一人で平らげてやった(そしておなかを壊した)2年前の冬。
今でも時々、粕汁が話のネタになっている。異文化理解だ、カルチャーショックだと、ひどい言われようだ。

でも今年も、秋も深まり寒さが身に染みるようになってくると、懲りずに必ず食べたくなる私。
故郷の味であり母の味でもある、粕汁。
ほくほくのサトイモに、味のしっかり滲みた大根。油揚げに、家は鮭より豚派だったな。
そして、とろーりとろとろの白みそ味の酒粕の舌触り…。
文字に起こすだけで、このくそ寒い中「いっちょスーパーまでひとっ走りして酒粕買ってくっか!!」となるくらい美味しいのになあ。
関西と関東(東北?)との文化の違いを感じた瞬間でした。
スポンサーサイト

熱帯夜

熱帯夜。
熱に絆されてふらふらと彷徨っているうちに
知らない街まで来てしまった。そこかしこが階段になっている街だ。

暑さのせいか、人影は無く、階段に腰を下ろして足をさする老人がひとり。
「ここはどこですか」
老人に声をかけると、少し驚いたような顔をしながら老人は応える。

「来訪者とは珍しい。ここは、階段の街だよ。
 夢に飲み込まれた者が集まる街さ。
 君もそのクチか。」

「どうなんでしょう。あまりにも暑くて、ふらふらしているうちにたどり着いてしまった。」

「今夜は暑いね。でも気をつけなさい。
 夢中に悩みながら、階段を行きつ戻りつしているうちにわからなくなってしまうよ。
 俺はもうずいぶん昔からこの街で階段を上り下りしてきたが、
 もうどちらが登りでどちらが下りかすら分からなくなってしまった。」

「何の為に上り下りしていたのか、もう思い出せない。仕方がないから、一休みしたらまた上り下りを繰り返すの さ。」

どこか遠い目でそうつぶやくと、老人は立ち上がり、また階段を上り始めた。
なんだか僕は怖くなり、そっとその場を離れると、この街で一番高そうな階段に登り、腰掛けた。

あの老人が、上りも下りも分からなくなるほど階段を夢中で登ったように、
夢中になれるものって僕にはあるだろうか。

大きな満月を見上げながら、そんなことをふと考えた。

FxCam_1344697663902.jpg

そんなお話を頭の中に思い浮かべながら描きました。

くすんだ街で。

くすんだ色が好きだ。
雨が降る前触れの空気とか。
ゴロゴロ言ってる空模様。
無機質な街、人の気配が無い街で、ひとつだけ存在感を放つ存在がいる。
若しくは
ごちゃごちゃと人間臭い街において、唯一存在感のないもの。
すこしずれた世界からやってきた旅人。

そんなものにとても惹かれます。
小説なら、マジックリアリズムといわれるジャンルが好き。
普通の日常を過ごしていたはずなのに、ある時ふと冷静に周りを見回してみると、
すこしずれた世界に迷い込んでいるような。
パラレルワールドとかもすごくそそられる世界です。

そんなことばかり考えながら絵をかいてるもんだから、(願望を絵の中でかなえようとしてるのかも)
自然、そういう絵の設定になりがちです。

今書いてるのも、自分の中にある一つのお話の一部分を切り取った絵です。
今年もしデザフェスに出店できるなら、一つの本として販売したいなあ。

今日は、その制作過程でもアップしようかと。
独学なので、たぶん全然正規の方法とは違うんだろうけど・・・

DSC_0398_20120810181232.jpg
まずは、下書き段階。
つぎに、水彩絵の具で色をつけます
DSC_0399.jpg

絵具が乾いたら、丸ペンで点描を打ったり、線を書き加えていきます。
DSC_0401.jpg
ここからが大変です…。
点描打つのって楽しいけどめちゃめちゃ時間かかるんだよね…。

happy birthday

FxCam_1344359076462.jpg



学芸会の舞台のような、張りぼての宇宙の中を、
風力発電で動力を賄うとってもエコなクッキークリーム号が旅をする。
お腹がすいたらかじってもOK。でもかじりすぎには注意!
宇宙におっこちちゃうよ。
クッキークリーム号で宇宙を旅するゆりは、天の川の流れに乗って、
ことりっぷ(宇宙編)を読みながら、次はどの惑星に行こうか思案中。。。
なにか楽しいことが待ってるといいのだけれど。





画像が荒いですが、こんな感じになりますた。
題名「trip to universe with クッキー号」
って感じでしょうか。


長い間、放置してしまいました。
放置している間に私を取り巻く状況は好転した…
と言いたいところですが、相変わらず絶賛就職活動中です\(^o^)/

就活中はとりあえず、生活の充実や趣味に走ることは避けようと思っていたわたし。
しかし、先日友人が誕生日で、なんとなくバースデーカードを書こうかな、、と思い立ち、
水彩絵の具を取り出したら、もうアカンでした。

やっぱり、絵をかくのってたのしいね。
ものを作ったり、物語を考えたり、こんな楽しいことを職業にできたら一番いいのになあ。
(職業になったらそれはそれで締切に追われたり、描きたいものがかけなかったり、大変なんでしょうけど)

とにかく時間が無くて、2時間くらいでぱぱっと仕上げた割には面白い(へんな?)イラストができたと
思います。これをバースデーカードと呼ぶのは無理がある気がしますがw
あと、先月号のイラストノートに載っていた技法で、水でたっぷり湿らせた状態で絵具を載せて、
粗塩をまぶすと火花が散ったみたいになる(化学反応?)
というのを試したくて、塩をさがしたのだけれど、家にたまたま塩がなかったので
塩コショウをぱっぱしてみたらなんか汚い感じになりましたwwwまいっかwww
飢餓に陥った時はペロペロして耐え忍べよwwww

そして、お誕生日パーティーの席で、友人は喜んでくれました。
でも、なぜにクッキー?と聞いてくるので、上記の設定を説明すると、
「100歩譲ってクッキーが宇宙船になる時代が来たとしても、
宇宙は真空だから風力をエネルギーにすることはできないよね。
あと、この女の子、こんなところに寝そべってたら服べったべたになるよね。」

と、なんか夢のないコメントを返されました。
そういうやつに限って大手に内定もらってるんだから、世知辛い世の中だぜ。

とりあえず、就活は終わらないけど、ぼちぼち趣味のこともよっていこうかと思います。
それと、絵だけじゃなくて、手づくったもの全般を紹介することにした。
絵だけじゃ期間が空きすぎて、むなしいブログになってまうわ。

ということでまた。ノシ





もうだれかヒモにしてください。

ES書いてて気が付いたら朝で。
なんだかもう頭がぐじゃぐじゃで、すっきりしたいと思い、本を売りに行った。
もう絶対に再読することはないであろうつまらない小説とか、クソの役にも立たないような自己啓発書とか、
大きめの紙袋に詰め込めるだけ詰め込んで行ったはずなのに、2000円にも満たなかった。
まあでも、ちょっとした現金収入は今の私にはとってもありがたい。

本棚の中が自分の好きな本ばかりになった。
売った本の空きの分にはまた私の好きになるであろう本たちが埋まっていくのだろう。
そうやって本棚がだんだん自分色に洗練されていく過程を見るのがたまらなく好きだ。
だから私は本がとてもとても好きだけれど、部屋のでかさに不相応なでかい本棚は買わない。
(そんな金銭的余裕がないってのもあるけどね)

それはさておき、ESは業界や企業によって全然違うんだけど、今日出したとこのは面白かった。
「あなたの好きな絵を一枚貼って、それをもとにストーリーを考えてください」ってやつだった。

もちろん、でざふぇすの時に出した絵を貼りましたよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。